yosico's blog

イラスト、絵画、それらを使った小さなもの色々と試しながら制作しています。ツイッター https://twitter.com/yosico_yosico インスタグラムhttps://www.instagram.com/yosicoillust/

金沢時間2 卯辰山工芸工房 

大学の先輩で、現在卯辰山工芸工房に在籍しているヤナイさんに工房へ連れていってもらいました。

f:id:yosi-co:20120525140943j:plain

f:id:yosi-co:20120525143035j:plain

 卯辰山工芸工房には陶芸、漆芸、染、金工、ガラス、5つの工房があって、それぞれ在籍作家さんが黙々と制作していらっしゃいます。

工房の雰囲気って大好きです。全体的には整然としていて、部分的にごちゃごちゃしていて、多種多様な素材が置いてあるかんじ。におい、空気感、静けさ、作業音、ぜんぶ好き。

金沢の、緑ゆたかでゆったりとした時間が流れるこの環境で制作に没頭できるって素敵だなあって思います。冬は雪で大変だけど。

f:id:yosi-co:20120525141917j:plain

ヤナイさんは陶芸作家さんなので陶芸の工房にお邪魔しました。

工房には大学の後輩さんもいらっしゃって、おふたりの制作途中の作品を見せていただきました◎

f:id:yosi-co:20120525143318j:plain

いろんな素材や方法を実験されていておもしろかったです…!

ヤナイさんは元々家電のデザインをしていたのですが、数年前に陶芸の修行を始められ、現在は陶芸作家として活動されていらっしゃいます。

コンピューター制御で型を起こした食器だったり、家電のようにシンプルなかたちにいろんな素材の釉薬を試したり、工芸の魅力と現代の技術やプロダクトデザインの良いところをミックスした、新しい作品づくりをされています。

工芸とプロダクトの線引きの考え方にはとても共感できるものがありました。

最近友達ともこのことについてよく話すのですが、元々同じだったものが大量生産技術の発達によって「工芸」と「マスプロダクツ」に別れ、マスプロダクツは短期間でつくられた平均的なデザインをあらゆる制約に縛られながらがんがんつくって飽きられないように次々と変え、売ってきたけど、(よく言われるデザインの消費というやつ?)でもそろそろ消費者はマスプロダクツ(量産品)に飽き飽きしてきて、断捨離が流行ったりとか、少し高いなって思っても気に入ったものを買って長く使おう、みたいな風潮になってきた(…ようなきがします)

少なくともわたしはそうです。実際は高いものなかなか買えないけど…

工芸の「手の技術」とプロダクトデザインの「現代の技術と時代を読む力」両者の境目はこれからどんどん曖昧になっていくんだろうな、なるべきだろうな、って思います。

二つが合わさったら魅力のあるモノがぐっと増えそうだなって思います。素敵なものって見てるだけでも嬉しくなりますからねー^^

f:id:yosi-co:20120525151317j:plain

ろくろをまわさせてもらいましたー◎

器用なしげっちさんは教えてもらったことをすぐに実践できるのですごいすごい!ってほめられてました^^

わたしもちょこっとまわさせてもらったのですが、おじいちゃんが製陶業でろくろ経験者なくせにしげっちさんよりぜんぜん上手じゃありませんでした 笑

f:id:yosi-co:20120525151710j:plain

卯辰山工芸工房、とっても楽しかったです◎ヤナイさん、マシャちゃん、ありがとうございましたー^^

 

柳井友一 HPなし

山本優美 HP  http://masamiyamamoto.com/